マーケティング広告費の変化

マーケティングを取り巻く環境は大きく変化しているのは、みなさんご存知でしょう。
何よりデジタルチャンネルを対象としたインターネット広告費は右肩上がりに伸びているのは言うまでもありません。
従来のテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、マスコミ4媒体の広告費の間に割って入る存在になっていることは、マーケター以外でも知られています。ある大手広告代理店の広告費によると、2014年はテレビメディア広告費が1兆9564億円とずば抜けているものの、2位には1兆519億円とインターネット広告費がつけています。新聞は6057億円、雑誌は2500億円、ラジオは1272億円といった規模です。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP