今と昔の購買行動比較

今と昔では、消費者の購買行動が全く変わってきている。
昔であれば、商品購入意向を持った客は、店頭に来店したり、営業担当者に連絡したり、カタログの請求をしたりといった行動をとっていた。
しかし、インターネットが一般化した今では、スマートフォンで各種情報にアクセスできることが当たり前になり、商品購入意向を持った見込み客は、まず商品が掲載されている企業のWEBサイトを訪れ、比較サイトを見て検討をし、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)などで、知人におすすめを尋ねアドバイスをうけて、価格比較サイトより購入するといった経緯をたどるのは言うまでもありません。
直接的な購買行動に移るまえに、情報収集を徹底的にされたのちに、1番安いところで購入しています。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP